飛行機内の乾燥肌対策~乾かない保湿ケア方法とダメな方法の違いと理由

乾燥肌だと飛行機内がつらい!めっちゃ乾きますよね。

多くの女性がある乾燥対策を試していますが、ほぼ100%効果がないと言っています。

逆に効果があった乾燥対策はある共通点があります。

これを普段のスキンケアに取り入れればいいのに、なぜみんなそうしないのでしょうか?乾燥肌対策は飛行機内での体験が大ヒントなんですよ。

一番快適に飛行機内で過ごすには、角層内にセラミドを増やせばいいだけ。どんな対策方法よりも乾燥しませんし、旅行先での調子も良くなります。

飛行機内のワースト乾燥肌対策

やってはいけない飛行機内での乾燥対策は?

第1位が「化粧水ミストスプレー」です。

ダントツの1位です。誰も効果があったと言っていません(笑)

飛行機内の乾燥対策~効果がなかった無駄な方法

でもオフィスや自宅だと効果があったという人がいます。飛行機内だとダメだったのです。

この理由は湿度です。

飛行機内の湿度は砂漠レベルに乾いているため、水分がどんどん機内の空気に吸い取られるからです。

日本の平均湿度は乾燥している時期(冬~春先など)でも40~50%はあります。でも飛行機内は高くても20%。低いと10%以下です。砂漠が平均20~25%なので異常な乾燥状態です。ホテルの部屋どころじゃありません。

水分は乾いている方に移動する

化粧水ミストスプレーは地上だとお化粧直しでも使われますよね。でも飛行機内だと余計に乾燥します。

これは、水分は乾いている方に流れる特徴があるからです。

例えば、ほんの少し湿った程度のタオルと、ビショビショのタオル。タオルの端っこ同士を少し重ねると、ビショビショのタオルから湿った程度のタオルに水分が移動します。

これと同じで、超乾燥状態の飛行機内では、肌に付着した水分が瞬間的に機内空気に移動します。

その際に、肌の水分も一緒に蒸発します。肌の水分と化粧水がくっついているので、見境なく一緒に連れて行かられる。そのため、飛行機内だと化粧水ミストスプレーは余計に乾燥してバリバリになってしまうのです。

地上でも化粧水ミストスプレーはダメ

化粧水ミストスプレーは地上でも逆効果?

化粧水ミストスプレーは飛行機内だけでなく、地上でも逆効果です。

なぜなら、化粧水ミストスプレー直後の肌水分量は、ある意味100%だからです。だから湿度60%くらいあっても、やはり肌から水分が余計に蒸発します。

地上では飛行機内ほど湿度が低くないため、肌の水分が奪われるスピードが遅い。だから何とも思わなかったのです。

ですが、気づいていないだけで地上でも余計に肌が乾燥しています。

化粧水ミストスプレーは「悪」なんです!まったくもって意味がないスキンケアです。

この仕組みを理解している人は、絶対に化粧水ミストスプレーなんてしません。

そもそも、ある条件が揃っていれば、特に何もしなくても飛行機内で10時間以上全く乾燥肌で困ることはありません。

飛行機内で乾燥しない口コミNo.1

飛行機内で乾燥しないテクニックは?

多くの女性が化粧水ミストスプレーで肌バリバリです。でも、シンプルなクリームだけスキンケアの人は乾燥せずに済んでいます。

飛行機内の乾燥対策~効果があった方法

ニベア青缶やワセリンなどのプチプラな安い保湿クリームを素肌に塗るだけ。これが一番乾燥しなかったという意見が多いです。

これは単純で、肌と飛行機内の空気との間に1枚の被膜ができるからです。

コップの水は放置すると量が減りますよね?空気中のほうが湿度が低いので、そっちに蒸発するからです。化粧水ミストスプレーの話と同じ。

でもコップにサランラップをかけるとどうなるか?蒸発しなくなりますよね?

肌にニベアなどを均一に塗ると、肌の水分が外気と触れなくなります。だから乾燥しなくなります。

地上でやったときより飛行機内だと抜群に効果を感じます。肌水分湿度と空気湿度との差が激しいほど、肌のフタ効果が強く感じられるからです。

だから飛行機内での保湿対策は、ノーファンデでシンプルなクリームやオイルの保湿だけが効果あり!という口コミが多いんです。

オイルにフタ効果はない

未だに勘違いされているのですが、オイルにフタ効果はありません。

オイルでできる被膜は非常に薄く、水分蒸発を押さえるほどの被膜にならないからです。

ただアルガンオイルなどのみで飛行機内で乾燥しなかったという口コミがありましたよね。やっぱりフタ効果あるんじゃないかと。

これは、フタ効果で乾燥しなかったのではなく、普段の保湿がダメだっただけ。それならオイルを塗っただけのほうが乾燥しなかっただけです。

例えば、ヒアルロン酸やコラーゲンたっぷりの保湿ゲルを使っていたのかもしれません。

これらは非常に水分を蓄えて潤いを維持しますが、ただ水分を多く抱えているだけです。だから飛行機内の乾いた空気だと、地上より早く保湿効果が切れます。

しかも急速にゲルから水分が飛んでいくので、めちゃくちゃ乾燥した感じになります。じわじわではなく、急激だから余計にです。

地上だと感じない急激な肌湿度変化。オイルだとそれはありません。肌水分も蒸発していますが、急激な変化を感じないため、オイルだけ保湿に効果を感じたというのがカラクリです。

潤いシートマスクも逆効果

搭乗前や機内での潤いシートマスクもダメです。

肌が強制的に潤うイメージですが、搭乗前に使うと、それは化粧水ミストスプレーをしたのと同じです。

パックすると角層に浸透するので乾きづらいと思うでしょうが、一時的にしか肌水分量は上がりません。むしろ飛行機内で奪われる肌水分量が増えるだけです。余計に乾燥します。

機内でのシートマスクもダメ。

飛行機内の乾燥した空気にシートマスクの水分があっという間に奪われます。

ホテルの部屋はだいたい乾燥していますよね。タオルとか干しておくと一晩でカラカラに乾いていると思います。それと同じです。

シートマスクが乾燥すると、今度は肌水分をシートマスクが吸収して飛行機内に放出していきます。ものすごく潤う気がしますが、全くもって逆効果です。

飛行機内で効くニベア以外のコスメ

ニベア青缶やワセリン以外ではダメなの?

ニベアなどのこってりしたクリームが苦手な人もいます。

ではニベア青缶、ワセリン、オイル美容液以外の保湿剤ではダメなのでしょうか?

飛行機内で効果があるのは、

  • それ自体に保水性がない
  • 硬めのテクスチャー

という特徴があれば何でも構いません。

保水性がないというのは、保水成分が特に入っていないということです。つまりヒアルロン酸やコラーゲン、プロテオグリカンなどが入っていないということです。

入っていても構いませんが、量が多いと飛行機内の乾燥した空気にこれらが保水した水分が奪われます。その急激な変化に乾燥を強く感じるのと、素肌の水分も持っていかれるため逆効果なんです。

硬めのテクスチャーというのは、柔らかいと薄く伸びすぎてしまい、被膜としてのフタ効果が薄れるからです。

以上の2つを条件にすると、ゲルや一般的な柔らかい保湿クリームはイマイチってわけです。

だから多くの女性が、飛行機に乗る前に保湿ケアを変えたり工夫してもダメだったのです。より保湿力が強いクリームに変えたのに……って

保湿力が強い=保水成分が多い

ってことなので、強烈に乾燥した飛行機内では、乾燥するスピードが早くなって余計に乾燥を感じてしまいます。

となると、結局はニベア青缶やワセリンになってしまうのです。

大きなマスクで乾燥しないのもフタ効果

大きめのマスクをしていると飛行機内で乾燥しないという口コミが多いですね。

これは吐いた息の水分がマスク内でこもるためもありますが、ワセリンのようなフタ効果もあるからです。

マスクで覆われている部分は、飛行機内の乾いた空気と接触しにくくなります。接触しづらくなっているということは、それだけ肌の水分が持っていかれづらいということ。

また喉も乾燥しづらくなるため、お手軽で効果が高い対策方法です。

だからアイマスクをしておくと目の周りの乾燥も軽くなります。ただ目の周りは角層が薄いため、普段から乾燥している人には効果がイマイチです。

飛行機内の乾燥はノーメイクがいい理由

お化粧したほうが乾燥するのは本当?

飛行機移動に慣れている女性は、かなりの確率でノーメイクか普段より簡単なメイクです。

飛行機内でのメイク有無~女性の大半はノーメイク傾向

理由はメイクすると乾燥するからです。

ただメイクの種類によります。

一般的なファンデーションはそれ自体に水分が含まれています。飛行機内の強烈な低湿度によって、ファンデーション被膜の水分が奪われます。そして素肌の水分がファンデーション側に吸い取られます。このためメイクしたら肌が乾燥してしまいます。ひどいとひび割れします。

特に最近のファンデーションは保湿成分が多く含まれています。ヒアルロン酸とかですね。保水性があるものを肌につけると余計に乾燥してしまうのはさっき説明したとおり。

でも保水性がないミネラルファンデーション、パウダーファンデーションならメイクしても飛行機内で乾燥しません。それ自体が水分を蓄えないため、肌から水分を奪わないし奪われもしません。

むしろ素肌と飛行機内の空気との接触面積が減ります。だからメイクしたほうが乾燥しにくくなります。

ただ化粧下地を塗るとファンデーションを塗ったのと変わらないことになります。ファンデーションよりは遥かにマシですが。

乾燥肌の人は素肌にミネラルファンデーションやパウダーファンデーションを付けるのは困難でしょう。かといって化粧水や乳液などを付けると、今度はそれが飛行機内での乾燥原因になります。

結果、乾燥肌の人はノーメイクで搭乗したほうが乾燥しないというわけです。

乾燥肌が飛行機内でメイクするには?

メイクしたい場合はどうすればいいの?

リキッドファンデーションなど水分を含むメイクは避けたほうが無難です。ミネラルファンデーションが理想ですが、それだと乾燥肌に粒子がくっつきませんよね。

対策はセラミド美容液かセラミドクリームです。

セラミドは角層の「中」で潤いを保持します。

ヒアルロン酸やコラーゲンと違い、角層が元々持っている成分です。角層の中で水分をサンドイッチするため、水分が飛行機内の乾いた空気に直接触れません。だから潤い維持力が段違いです。

また肌の表面に潤い皮膜を作らないので、乾いた空気に水分を引っ張られる心配もありません。

特にセラミド美容液と一部のクリームは化粧下地としての役割も果たします。

セラミドを満たした肌はミネラルファンデーションなどの乾いた粒子をくっつけやすくしてくれます。メイク前にたっぷりとセラミドを補っておき、上からミネラルファンデーションやパウダーファンデーションを塗ると、素肌に塗るよりノリが良くなります。

ヒト型セラミドを選ぶ

セラミドには

  • ヒト型
  • 天然
  • 疑似

の3種類があります。

この中で角層内部にとどまるのはヒト型だけです。他のセラミドはヒアルロン酸のように肌表面に潤いの層を作ります。薄付きで済み、ヒアルロン酸やコラーゲンのように余計に乾くということはありませんが、角層内部で保湿するヒト型には劣ります。

CA(客室乗務員)のメイクが崩れない理由

そもそもCAさんはなぜ飛行機内で乾燥していないの?

メイクしないほうが乾燥しづらいのは確かですが、ではCAさんはどうなっているのだと思いますよね。

乾燥していないことはないのですが、そう感じさせていないといったほうが正しいです。

対策方法についても、何か特別な崩れにくい、乾きにくいメイク用品があるのか?というとそうでもないようです。

CAさんの美容テク 崩れないメイク術、美肌習慣とは

化粧水スプレーはメイク崩れ対策用

化粧水ミストスプレーを使用されていますが、これは乾燥肌対策ではなくてメイク崩れ対策です。

ファンデーションの水分が失われているのを多少元に戻しているだけ。付け方もかなり遠くから間接的なのが分かりますよね。

一般女性は乾燥を防ごうとして近くから多くミストを使う傾向があります。CAさんの場合は化粧崩れ対策なのでかなり軽めです。なので乾燥がひどくなることはありません。

スキンケアは意外とシンプル

忙しくて寝る時間が惜しいときは、メイク落としをしたらニベア青缶だけという方法を取られるようです。これで翌日が違うと。

もっと保湿したほうが良さそうな気がしますが、セラミドが不足していない人ならこれで十分です。メイク落とし後は皮脂とセラミドが減少して水分蒸発量が一気に増えます。これをニベア青缶で抑え込み就寝する。それでターンオーバーが正常に保たれ、失ったセラミドがまた生産されます。

化粧水の大量使いは真似しないほうがいい

気になるのは化粧水の大量使い。これ、一般搭乗者が普段から真似しても効果はないです。

化粧水の大量使いは一見効果があるように見えますが、基本的に乾燥がひどくなります。大量に使っても99%は角層に浸透していません。すぐに蒸発していくだけです。

このCAさんが問題ないのは、化粧水後にすばやくフタをしているか、角層のセラミド量が低くないからでしょう。

間違ったスキンケアでもセラミド量が多いと悪影響は出づらくなります。

あとは睡眠習慣がきっちりしているはずです。

CAさんは国際線だと時差ボケと勤務で睡眠習慣がぐちゃぐちゃになります。だから基本的に肌が乾燥しやすいのですが、その特異な睡眠習慣にアジャストする人もいます。

一般女性は寝る直前までスマホしていたり、ダラダラとスキンケアして時間を浪費して言いますよね。でもCAさんはフライト予定のために生活しているようなもの。荒れた肌、疲れた顔で接客するのはプライドにも反します。

一般女性とは美意識への取り組み方が違うので、スキンケアを真似しても全く効果はないと思っておいてください。

飛行機内で乾燥しない肌質の秘密

何もしなくても飛行機内で乾燥しない人ってどうなってるの?

飛行機内の湿度は約20%と異常に乾燥しています。喉は乾燥しても肌は乾燥しないという人が多くいます。それはなぜなのか?

角層にセラミドが多いからです。

角層にセラミドが多いと、体の内側から染み出してくる水分を蒸発させずにキープできます。しかも乾いた空気に直接肌水分が触れないため、水分が連れて行かれることもありません。

そもそもセラミドは湿度0%でも水分蒸発しないすごい特徴があります。

ヒアルロン酸やコラーゲンは湿度0%の世界ではどんどん水分を失います。

セラミドを角層に増やすメリットは、何も飛行機内だけの話ではありません。飛行機内は湿度が低すぎてその効果を強く感じるだけで、セラミドケアは地上の日常生活でも抜群の効果を誇ります。

とりあえず搭乗前にヒト型セラミドを塗っておくだけで乾燥肌状態がかなり変わります。

でも、普段からセラミドを増やすスキンケアをしておけば、飛行機内での乾燥肌対策は特に不要です。それくらい保湿力が変わります。

セラミドは洗顔とクレンジングに弱い

セラミド不足は特に女性に目立ちます。男性は女性ほどではありません。

理由は洗顔にかける時間が長く、クレンジングは女性しかしないからです。

なぜならセラミドは脂質だからです。洗顔もクレンジングも皮脂やメイク(主に油分)を落とす力があります。界面活性剤の力で油分を引き剥がします。

セラミドは脂質なので界面活性剤の影響を受けてしまいます。

多少の減少は誰でもなので構いませんが、1日で作れるセラミド量を上回るほど減ると乾燥肌に傾いていきます。

ヒト型セラミドを肌から与えて回復できる量にも限界があります。セラミドは増やすより減らすほうが遥かに簡単です。飛行機内で強く乾燥を感じる人は、普段の洗顔・クレンジング時間を少し削るだけで、飛行機に乗ったときの乾燥レベルが変わってくるでしょう。

ライスパワーエキスNo.11でセラミドが増える

ヒト型セラミドコスメ以外にもセラミドを増やす方法があります。

医薬部外品のライスパワーエキスNo.11を使います。

国産米を原材料に作られる成分で、セラミドの生産を促す効能があります。

即効性はありませんが普段から使うことですっぴん時の保水力を改善することができます。

人気のSK-2と同じ発酵成分。保水力は断然ライスパワーエキスNo.11です。

飛行機内の乾燥肌対策まとめ

1.飛行機内で保湿はしない

化粧水ミストスプレーやクリームに限らず、飛行機に乗ったら保湿ケアは一切してはいけません。搭乗前に済ませておきます。

15時間のロングフライトであっても、機内で洗顔をしない限りは保湿は不要です。

もし洗顔をするなら必要なので、その場合はトラベルキットやトライアルセットの保湿化粧品を持ち込みましょう。

※国際線の場合は液体の持ち込み制限が厳しいので注意。100ml以内の容器に入れて、透明の1リットル以下のケースに入れてセキュリティチェックを受ける必要があります。100ml以下ならトラベルセットかトライアルセットが該当するので、これを別途用意しておくと移し替えの必要がなくて便利です。

液体物の持ち込みについて(国際線)

乾燥が不安でギリギリ持ち込む人がいますが、下記の保湿化粧品を持ち込めば1本で十分です。

2.持ち込む、直前はヒト型セラミドコスメ

機内に持ち込む保湿化粧品や搭乗前に使うのならヒト型セラミドしかありえません。

これを塗るだけで飛行機内の乾いた空気に負けません。

化粧水はなくても大丈夫です。水分を与えるより、逃さないケアのほうが重要だからです。

化粧水を持ち込むなら角層にとどまるタイプを選ぶこと。ただ単にヒアルロン酸やグリセリンなどが配合された化粧水は、飛行機内の湿度に耐えられず余計に乾燥するので注意。

3.普段からセラミドを増やせば特別なこと不要

飛行機に乗る前にスキンケアを変えてはいけません。こっちのほうが保湿力が高そうと使ったことがないコスメを当日使うのはリスクがあります。

だいたいは大したことがない。そして飛行機内の密室空間によるストレスで肌も敏感になり、予想もせず肌が荒れたり気分が悪くなることがあります。特に化粧品の香料のデメリットが出やすいので、香料配合のコスメをいきなり試すのはダメです。

角層にセラミドが豊富にあれば乾燥で悩むことはありません。

ライスパワーエキスNo.11で数ヶ月前からケアする、もしくはヒト型セラミドで常に足りない分を補っておく。

その上で、洗顔とクレンジングに気をつける。

この2つで急な海外出張や旅行でも肌は乾燥しません。

ヒト型セラミドコスメなら、普段のケアで使っているものを機内持ち込みしておけば安心です。長時間フライトで顔を洗いたいときも、普段使っているヒト型セラミドコスメがあれば大丈夫です。

4.メイクはしないほうがいい

メイクですがしないほうが肌は乾燥しません。乾いた飛行機内空気にファンデーションの水分が奪われ、肌の水分を取られるからです。

ただ、セラミドが豊富な肌ならメイクしても大丈夫です。それくらいで影響されません。

あまり長時間のフライトでないなら、メイク前にセラミド美容液で保湿。その上にメイクをすることで乾燥はかなり防げます。

できればミネラルファンデーションなど保水成分が入っていないメイクアイテムが理想。地上の湿度と違い、保湿成分が肌に露出していると余計に乾燥するからです。

化粧水は欠かせない人でもO.K.

乾かない化粧水
b.glen QuSomeローション

b.glen QuSomeローション

成分内容がすごいです。肌で欲しい内容のすべてを網羅しており、コスト理由であまり他社が使っていない成分ばっかりです。

これをリポソーム研究のアメリカ人博士が独自技術でカプセル化しています。17時間保水と書かれていますが、確かに化粧水だけで潤いが保たれます。飛行機内で使うならこれ一択。

普通の化粧水だと10分で乾きを感じますが、このローションは角層がムニムニ感で包まれ続けます。美容面でも、そこら辺の美容液より遥かに内容は上です。ブランド認知度が低いだけで使わず嫌いな人が多いでしょうね。

直前・機内で乾かないヒト型セラミドコスメ

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

セラミドコスメは油分がないと高配合できません。でもアスタリフトだけは別で、化粧水を邪魔しないほぼ油分フリーです。

b.glenのような特殊な化粧水以外は、機内だと余計に乾燥します。でもアスタリフトのセラミドジェリーを塗ってから普通の化粧水を使うと、ものすごくうるうる感があり続きます。

酸化にめちゃくちゃ強い良い成分も2つ入ってます。普段から使ってこそいいですが(ちょっとお高め)、トライアルで10回分あるので旅行の前から使っていくと機内は超快適です。

濃すぎるセラミド
小林製薬 ヒフミド

小林製薬 ヒフミド

セラミドは0.1%濃度でも十分作用します。でも濃いほうがいいのも確か。その点で他社をおかしなくらい圧倒しているのがヒフミドです。クリームが4%です。頭おかしいレベルです。

まず他社が真似できません。小林製薬オンリーの超高濃度セラミドコスメ。

これでダメなら洗顔とクレンジングに問題があるとしか考えられません。香りもないしベタつかないし、飛行機内ではこのクリームだけでヨーロッパまで余裕です。

CA素肌を作るセラミド促進コスメ

濃すぎるセラミド
KOSE 米肌

KOSE 米肌

セラミドを増やすライスパワーエキスNo.11に加え、水分を引き寄せるNMFなど潤いを強化したブランドです。ワンバイコーセーの美容液と基本的に一緒。

米肌はクリームも化粧水もあります。トライアルも安くできるので、TVCMで気になった人は米肌でトライアルするのがおすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加